地下足袋用インナーソール(中敷き)通販でおすすめはコレ!指が痛い時はソールが必要!

普段履きなれない地下足袋を履くと、足の裏や指が痛いという声がよく聞かれます。
そんな時は地下足袋の中にインナーソール(中敷き)を引くことをおすすめします!

 

 

インソールを入れることで怪我防止や指が痛くなることの防止、はたまた臭いの発生を抑える働きがあります。

地下足袋って思いのほか底が薄いですよね!?

最近では厚底の地下足袋も販売されていますが、その厚底使用を履いていても、まだ薄いと感じるんですから
どんだけ地下足袋って底が薄いの??って思ってしまいます。

そんな地下足袋の底のクッション性を上げる為にぜひ今回紹介するインナーソール(中敷き)を試してみてください!

 

 

⇒楽天で人気の地下足袋用インソールランキング!

 

ステンレス鋼板による貫通防止インソール

 

 

コチラは仕事用のインソールとなります。

ガラスや釘などが散乱した現場を歩く時に普通の地下足袋では貫通してしまって危険です。
そんな時はこのインソールを中に入れて履いていれば貫通することはありません。

 

低反発クッション入り中敷き

 

 

普段、地下足袋を履きなれない人が足の指の痛みを防止するための低反発クッション入りのインソールです。
子供さんや、長時間屋台や神輿などを引っ張る必要のあるお祭りに参加される人には必需品です。

普通の地下足袋(厚底でないタイプ)を履いているのでしたらこのクッションを入れてみてください。
その歩きやすさにびっくりするでしょう!

 

SK11 地下足袋用 除湿消臭インソール

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 地下足袋用 除湿消臭インソール 強力タイプ 25-29cm STAI-DRY25-29
価格:790円(税込、送料別) (2018/2/25時点)

 

最も簡単なタイプの中敷きインソールとなります。

除湿消臭を主な目的としているので厚みもそれほどありません。
ちょっとしたクッション性も期待できるので値段だけを考えるのならこのタイプがおすすめです。

 

まとめ

 

地下足袋は普段履きなれない分、怪我が心配です。
特にお祭りなど、慣れない上に長時間の使用がわかっている場合などです。

 

 

 

そんな時はあらかじめインソールなどで保護できることはやっておくのが賢い選択です。

残念ながらお子さん用のインソールは販売されていませんでした。

上記で紹介した中で一番小さなサイズSSSタイプは22cm~となっています。

それより小さいサイズで使用する場合はご自身の判断となりますが
さらに小さくインソールをハサミで切って使う事ができると思います。

けして高くないものなので一度チャレンジしてみてください。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。