APEMAN A80アクションカメラを消音してスパイカメラ仕様に魔改造する方法

APEMAN A80アクションカメラを消音してスパイカメラ仕様に魔改造する方法

 
APEMAN A80アクションカメラのアクション音を鳴らなくするように
スパイカメラ仕様に魔改造してみました。
 
僕はAPEMAN A80を購入しましたが、中華系のアクションカメラ全般に応用できると思います。
販売メーカーは違ってもOEM生産なので仕様は一緒だと思います。
 
 
まず、このAPEMAN A80アクションカメラは
 
・電源入れたときにけたたましく音が鳴ります。(消音不可)
・電源をoffにした時も同じ音が大きく鳴ります。(消音不可)
・撮影スタートした時にも音が鳴ります。(電源ONの時の音とは違う音)
 
以上のことから、スパイカメラ用に使うことは不可能です。
特に電源ON・OFFの時の音は超デカいので絶対気づきます。
 
 

APEMAN A80アクションカメラを消音仕様に魔改造

 
では、僕のやったAPEMAN A80アクションカメラの音が鳴らないようにする魔改造の方法を解説します。
 
僕の方法は単純に音が鳴るスピーカーを物理的に取っ払う、という方法です(笑)
 
精密ドライバーでカメラのカバーを外し、スピーカーを取り出し、ニッパーでチョキッと切っちゃいました。
 
その後、ちゃんと動作するかどうかは確認済みです。
もちろん動画撮影のプレビューでは音が鳴りませんので、多少は不便になります。
あっ、撮影時の録音はちゃんとされてますから心配なく。
 
まず、精密ドライバーとニッパーを用意します。
 
 
マイナスドライバーでグリグリと一番上のカバーを外します。ゆっくりジョジョにやっていくのがコツです。
 
 
多少曲がってしまいましたが…、引っ掛かりは無いようです
 
 
精密ドライバーのプラスで小さなネジを外します
 
 
 
内側のカバーはすべて外さなくてもちょっと持ち上げるだけでスピーカー部分を出すことができるので、写真のように出たらニッパーで切ってしまいます。
 
 
 
ボタン電池みたいなのがスピーカーです。配線(赤と青)はそのまま中にしまっておきます。
 
 
 
またネジを戻します
 
 
 
最後にカバーをハメて終了。魔改造のスパイカメラの出来上がりです。音を気にせず使うことができます。もう一生音が鳴らないので魔改造する時はそのつもりで^^;
 
 

APEMAN A80 アクションカメラ

 
 

 

コメントは受け付けていません。